オンラインショップ

建築家アールトの世界“ラテウデンリスティ教会”

  • Art & Design

フィンランドを代表し

国際的にも著名な建築家アルヴァ・アールト

彼が生涯で最も

自分の世界を表現できたと言っている

建築群がSeinäjoki(セイナヨキ)にあるアールトセンター

首都ヘルシンキから

高速鉄道で2時間40分の街にあります

世界でも例のない総合建築芸術がここ アールトセンター

 

“Lakeuden Risti(ラテウデンリスティ教会)”

 

まずは僕が最も印象的だった教会から

入った瞬間…

天井を見上げてほしい

一見シンプルな白い天井は美しく

優雅に波打っている

 

美しい

 

床に敷き詰められたレンガは多彩で

ひとつひとつ違った色をしている

それは人の人生を表現しているそう

ひとつとして同じ人生はなく

人それぞれ異なる人生

もう このかっこよすぎる世界観と

アールトの想いにすっかり虜になった

教会の椅子の背面にさり気なく組まれた十字架

通路の両サイドに十字が並んでいる

その先にあるメインの大きな十字架

素晴らしい

そして振り返ると…

見たことのないデザインのパイプオルガン!

ただパイプが並んでいるのではなく

オーロラが波打っているように僕には見えた

 

この 前に飛び出した部分のデザインは

アールト本人が建築現場に訪れた時に変更になったそう 

 

 アールトの照明の特徴は

“光が消えていても存在感がある”

彼の手掛けた沢山の作品の中でも

この教会の照明は特に大きな存在感に感じた

 正直なところ 建築物には全然詳しくなく

アールトのことも名前と数作品しか知らないレベルだった

そんな僕でも

アールトの建築の面白さや深さ想いに夢中になり

すっかり魅了されている

僕の世界を大きく広げてくれた

Kiitos!

モイモーイ!

 

関連記事